Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/nyans/nichinichikore.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
スポンサーリンク

ついにリリースの“刻”(とき)…!筋膜をアレする棒、手に入れちゃいました!

筋膜 リリース

最近よく耳にする、筋膜とは?

筋膜リリースのウソ?ホント?エビデンスに基づいた効果とやり方をご紹介!

「筋膜 リリース 効果」でトップヒットしたページがかなり分かりやすかったので、参考にしつつ纏めてみます。

☆筋膜の性質

筋膜の性質はざっくり言って、

  • 血管、骨、筋肉、内臓など体の隅々まで結合していることから、“第二の骨格”とも呼ばれる
  • “膜”というよりは、“結合組織”の方が近い
  • コラーゲンやヒアルロン酸など、ほとんどの成分が水
  • 網目状で弾力があり、伸び縮みする

体を構成する組織同士を繫ぎとめる、接着剤の様なものという感じでしょうか?

筋膜が、姿勢を維持したり、筋力の伝達、痛みや痒みなどを脳に伝える受容体などの役割を担っているそうです。

「筋膜(結合組織)があるからそのものの形を保てる」とすると、納豆の糸もいわば結合組織?

あれが乾燥したりちぎれやすかったりすると大豆もネバネバ出来ませんが、瑞々しさと弾力があれば納豆らしくなりますもんね(強引だけど概ね合ってると思います。)

☆その筋膜をリリースする必要がある時とは?

⑴長時間同じ姿勢、または悪い姿勢を続ける

⑵誤った運動パターンを繰り返す

要は、体に繰り返しの負荷をかけ続けることで、結合組織の機能異常を引き起こすのだとか。

筋膜を構成するのはほとんどが水分なので、それが同じ姿勢でいたり誤った負荷をかけ続けると、滞ってドロドロになるイメージ。

運動の頻度は多くないので⑵は無いだろうけど、⑴は記事を書いている時やネット、本を読んでいる時にやりがちなので凄く当てはまります。

オフィスワーカーやPCを使って仕事をする人が現代にはとても多いので、⑴に当てはまる人は物凄く多そうΣ(-᷅_-᷄๑)!

機能異常によって、

  • 柔軟性の低下
  • 筋力の出力低下
  • 痛みの発現

などなど、体のあらゆる箇所が凝り固まって痛くなったり、動かしにくくなるというわけですね。

凄く見に覚えがある!笑

ずーっと同じ姿勢を取っていると、いざ動かした時に痛かったり、動かし難くなるのは感覚としてよく分かる…。

実際の組織の間でも間質液や水分が滞ってギシついている感じ?

なので筋膜リリース(解放)とは、

その滞った液や水分を外的圧力や神経生理学的影響でもってほぐし、元の状態に戻すことを指すそうです。

神経生理学的影響
固有感覚受容器が刺激を受けることで、痛みをはじめとした感覚に対する”閾値”が変化して、前よりも多くの刺激(ストレッチ感や痛み)を受け入れられるようになる。
(参考:Roller massager improves range of motion of plantar flexor muscles without subsequent decreases in force parametersより)

ホースから出ていたチョロチョロの水を足で踏んでせき止め、パッと放すとドバッと出ますよね。

一時的に圧力や刺激をかける事によって、循環を促す=体液を流す=痛みも和らぐと考えるようです。

☆グッズレビュー

購入したのはこちら(^.^)

LOFTに実物があったので、ひたすらあらゆる部分をコロコロ笑

その場で感じた気に入ったポイントは、

  • 軽さ
  • ローラーが複数ついていて、動かしやすい
  • 丁度いい長さ
  • お値打ち価格

試せる商品が多くなかったのと、その日初めて使ったので月並みな感想で申し訳ないのですが、こんなところ。

中には突起がついてて少し痛そうだったり、ローラがバラバラではなく一本の物などもあったのですが、これが何となく使いやすそうな印象でした。

実際に家でもっと広範囲をじっくり試したら、

  • 本体が軽く、軽い力でしっかりゴリゴリ出来る
  • ローラーの回転が軽快なので滑りが良い
  • 人にやってあげる時も使いやすい
  • 少しやっただけでスッキリ感が得られる

こんな感じでした・:*+.\(( °ω° ))/.:+

☆筋膜リリースする際のポイント

筋膜リリースする際のポイントは、

  • じっくり時間をかけて行う
  • 気持ちいいと感じる強さを保つ
  • ストレッチや振動も効果的
  • 自分に合った方法で

だそうなので、強いほど良いとか、痛い方が効くという事は無いそうですΣ(-᷅_-᷄๑)

※ちなみに痛いほどの圧で行った場合、筋肉が萎縮してより硬くなったり、交感神経が優位になってリラックスしづらいそう_(:3 」∠)_

こちらもも持っていて、簡単かつ全身スッキリするし、ワークアウトも行えるのでおススメですが、体勢が限られてくるので…

TV観たり、電話しながら片手間に使えるのはスティックタイプ!

一時期綿棒で脚をマッサージするのも流行っていましたが、擦れると熱いしローラータイプより力が要るので…コロコロ出来る方がおススメです・:*+.\(( °ω° ))/.:+

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク